宮家邦彦氏による当地での講演「日本のインド太平洋戦略と湾岸地域の関連」

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
12月17日、在アラブ首長国連邦日本国大使館は、外務省講師派遣事業の一環でキャノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹による講演会を開催しました。宮家氏は会場のエミレーツ戦略研究調査センター(ECSSR)内を視察した後約45分間の講演を行い、当地の大学関係者や研究者、外交官からの質問に対応しました。約100名の聴衆が集まり、講演会は大成功に終わりました。