2010年4月

社用車等の遮光ガラスに係る違反規定について

当地(アブダビ市内)においては、近年の車両の増加と共に、交通の取り締まりが厳しくなってきておりますが、最近、当地在留邦人の方が車の遮光ガラスに係る違反で摘発される事案が発生しました。
今回の事例は遮光ガラス仕様の社用車を運転していた駐在員の方が、市内で検挙されたものです。遮光ガラス仕様の社用車を保有されている会社につきましては、早急に対策を検討されるようお勧めします。
なお、遮光ガラスに係る法令につきましては、アブダビ市交通局長が、以下の通り発表しています(2009年2月13日付エッティハード紙)。
「私用車については家族用車等を含め、その遮光度は30%を越えてはならない。右を違反した場合は、法令により、1万Dhsの罰金が科せられ、当該車は1ヶ月押収される。
なお、公用車、社用車及びレンタカーについては一切の遮光が禁止される

またUAE道路交通法(連邦)では本件違反者に対しては500Dhsの罰金が規定されており、アブダビ首長国以外では500Dhsが適用されるが、アブダビ首長国では独自の道路交通法を規定しており、本件違反者に対しては1万Dhsの罰金が科せられます。
従いまして、例えばドバイで登録されている車両がアブダビで検挙された場合は、1万DHsの罰金が科せられます。