2010年8月31日

米国渡航に際するESTA(電子渡航認証システム)申請の有料化

米国政府の発表によれば、米国渡航(観光、短期商用等の90日以内の短期滞在目的で米国を訪問する場合等)に際しては、2009年1月から電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)による事前申請が義務付けられているところ、本年9月8日以降、ESTA申請時に一人あたり14米ドルを課す予定とのことです。
なお申請料の支払いは、ESTA専門ウェブサイトを通じて行い、その際、支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、 VISA、American Express及びDiscoverの4種類に限られるとのことです。

詳しくは、米国国土安全保障省のウェブサイト(英語)(http://www.cbp.gov/xp/cgov/travel/id_visa/esta/ 他のサイトヘ)か、
在京米国大使館のウェブサイト(日本語) (http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html他のサイトヘ
あるいは在UAE米国大使館で御確認下さい。