2011年2月

邦人の交通死亡事故

2月上旬の深夜、ドバイ首長国境に近いアブダビ・ドバイ間ハイウエイ(マクトーン・ビン・ラシッド・ロード)において、ドバイ行きの定期バスが交通事故を起こし、乗っていた邦人女性が死亡するという事故が起きました。
死亡した邦人女性はシートベルトをしておらず、衝突の際の衝撃で座席(一番前の座席)から外に投げ出され亡くなられました。
当地におきましては、交通マナーが悪いこともあり、交通事故が多発しておりますところ、ドライブの際には最低限の事故防止措置として必ずシートベルトを着装されるよう注意して下さい。