2017年12月4日

イエメン反政府武装勢力によるバラカ原発へのミサイル発射の主張

1 報道によれば、12月3日、イエメンの反政府武装勢力ホーシー派は、同派メディアにおいて、アブダビのバラカ原発に向けて巡航ミサイルを発射し、これを正確に攻撃した旨主張しました。一方、同日、UAE政府は、かかる主張を否定する声明を発表しました。

2 在アラブ首長国連邦日本国大使館・在ドバイ日本国総領事館といたしましては、現在のところ、UAE国内において何らかの被害があったとの情報には接していませんが、今後も報道に留意していただき、情報収集に努めていただくようお願いします。