2018年2月5日

日本国内での「素行善良証明書」の取得方法

昨日4日より開始された、UAE就労査証取得に際して提出が求められる「素行善良証明書」の具体的な取得方法等について、以下のとおりご案内いたします。
 
1 「素行善良証明書」は、我が国においては、警察庁が発行する「警察証明書」(犯罪経歴証明書)が相当します。右の申請受付は当面の間、「外務省領事局領事サービスセンター証明班」が行います。所在地や連絡先等の詳細は以下のとおりです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page22_000551.html
(注1:「大阪分室」では本件証明書の取扱いは行っておりませんのでご注意ください。)
(注2:各都道府県警本部では現状、受付を行っておりません。)
 
2 手続きの流れ
(1)「警察証明書」の申請手続き
(ア)外務省代表番号03-3580-3311、内線2308(中東地域担当者をご指定下さい)にご一報頂き、「UAE就労査証取得のために『警察証明書』を取得したい」旨、お申し出下さい。
(イ)外務省担当者よりお名前やご連絡先等の所要事項のお伺いの他、以下の3点の提出(電子メールでの送信)を求められますので、ご用意の上、送信下さい。
 
●警察証明書申請書(以下のアドレスよりダウンロードの上、所要事項をご記入ください)
http://www.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/goodwillconduct_j.htm
●別添資料(以下のアドレスよりダウンロードください)
http://www.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/goodwillconduct_j.htm
●就労査証電子申請画面(当地内務省HP:https://echannels.moi.gov.ae/ からログインし、表示される画面)の中で、人定事項を入力済みの画面のスクリーンショット
※この他、追加で資料の送付依頼が行われる可能性があります。
 
(ウ)上記(イ)を完了された後、約2ヶ月後に住民票を置かれている地に所在する都道府県警察本部より申請人宛に直接連絡があり、指紋採取の日時等について案内がありますので、指定の日時に当該警察本部ご足労頂き、両手指紋の採取を行って下さい(申請者ご本人が赴く必要があります。)。
(エ)上記(ウ)から最長2週間程度で、当該警察本部から「警察証明書」の交付が行われます。なお、料金は要しません。(封書にて厳封されており、開封した場合には効力を失いますのでご注意ください)
 
(2)「公印確認」手続き
(ア)交付を受けた「警察証明書」を外務省領事局領事サービスセンター証明班にお持ち頂き、公印確認申請を行って下さい。(同申請所は以下よりダウンロード下さい。)
http://www.uae.emb-japan.go.jp/itpr_ja/goodwillconduct_j.htm
なお、代理人による申請も可能ですが、その場合には委任状(http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000017346.pdf)をご用意頂く必要があります。
(イ)公印確認を了した「警察証明書」は、申請日の翌営業日の午前9時以降に引き取りが可能となります。なお、料金は要しません。
 
(3)駐日UAE大使館による領事認証手続き
 上記(2)までの手続きを了したものを、駐日UAE大使館にお持ち頂き、領事認証手続きを行って下さい。同大使館の所在地及び連絡先は以下のとおりですので、手続き詳細については直接同大使館にお問い合わせ下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/middleeast.html#02
 
 なお、ここでご案内した手続き方法はあくまで暫定的なものです。当館及び外務本省としては、更なる手続きの簡素化、迅速化について、本邦警察庁と引き続き協議していく予定ですので、手続き方法に変更が生じた際には改めてご案内いたします。